クラウドファンディングの動画素材撮影について思うこと

49017902_2065564153509504_3967214068149780480_o

◯クラウドファンディングの動画素材

昨年1年をかけてクラウドファンディングに3回関わらせていただきました(結構多い頻度だと思います)

その中でクラウドファンディング用の映像を撮影や作成を行いました、その経験から感じたことなどを書きたいと思います

その全てが無事達成しました(これは私ではなく相手方の力の賜物です)

実は現在進行形でもう1件関わっています(2019年4月5日現在)

◯クラウドファンディングの素材について

クラウドファンディングを始める方はほとんどの方が作り上げたいものや、行いたいことについてかなり慎重に伝わるように文章を作ったり

していると思います。そしてその文章は人々の目に触れて支援を選んでくれることへと繋がります

その中で重要となってくるのが「写真と映像」です(もちろん内容がしっかりと作られていること前提)

DSC03018-18

◯人は思ったほど文章を読まない

すいません、若干偏見も入っています、もちろん私は結構文章を読みます、契約式場の契約書なんかはもうそれはそれは慎重に(笑

さて、こんなことをなぜ書いたかというと。。。クラウドファンディングでパドロンになるかたはだいたい知人経由やコンセプト映像などをみて

ページにやって来ます、そしてリターンの種類などをみて行くことが多く、ページに来た段階ですでにある程度の情報を得ていることが多いです

そうすると実はページの文章というのは思ったほど読まれていません、(きちんと読んでいる方すいません)

さてその中で先に書きましたが、コンセプト動画等はとても重要になります

文章を読むというのは実は人は労力をさきます、なので短くコンセプトが伝わる動画をSNSでシェアしたり等はとても有効です

最近広告などでもクラウドファンディングで作るものの映像など見ることもあります

◯クラウドファンディング撮影・作成動画

シンガーソングライター葦木啓夏のクラウドファンディング2点の映像を作成しました

彼女は2018年2件のクラウドファンディングを行い大きく支援達成しました、2019年も行うようです

最初のクラファン ではデビュー15周年を記念してアルバムを作りたい

アルバム内の一曲のMVを撮影しました、撮影は半日で行い編集を1週間ほどで行いました

支援総額:2,300,745円(目標300,000円)大幅達成

 

2回目のクラウドファンディングでは

より多くの歌姫たちと繋がり、みんなで心に響く1曲を歌おう!というものです。

作曲・編曲は、SMAP・EXILE・中島美嘉・MISIAなど名だたるアーティストの楽曲を手掛けてこられた、長岡成貢さんにお願いする事に

というクラウドファンディング

この時はみんなと繋がろうという簡単なメッセージをドローンを使い撮影

支援総額:2,086,200円(目標1,500,000)

もう一人関わったのが

ありさ22:元看護師が、骨髄の難病と闘いながらアーティストに転身

というクラウドファンディングです、こちらではイメージショットとして写真をメインで撮影しました

難病でありながらアーティストとして活動して行く最初の一歩のクラウドファンディング

〜 Don’t worry,  Go crazy! 〜

生きるとか死ぬとかそんな事より

クレイジーを愛そう

33771169_1762906220441967_3206620650458316800_n

大阪在住ですが、信州まで来ていただき自然のなかでのポートレイト撮影を行いました

そしてこちらは映像では関わりはなかったのですが、3,000,000という高額のチャレンジや途中ご本人の体調不調などで

なかなか伸び悩んでいる時期に一本映像を作ることになりました、新たに撮影するのは無理だったためキックオフイベントでのトークの内容の一部を

使い下記の映像を作成しました

コンセプトとしては彼女がどういった思いなのか?特に周りの人との関係を含めてとても印象に残っている

「私はみんなに助けてもらわないと生きていけない自身があります」

このメッセージをもう一度応援している人たちに届けてみんなの気持ちを1つにしたいと思いました、

支援する人向けというより一度チームの結束を再度強くしたいという思いです、こちらはSNSでシェアされそこからいろんな動きがうまれ

見事

支援総額:3,203,000(目標3,000,000)を達成しました

 

◯クラウドファンディングに映像は必要か?

個人的にはクラウドファンディングに映像や写真という媒体は必要だと感じます、時代的に映像はSNSでシェアされやすく見てもらえる可能性が

とても高いです、文章を頑張って書いたサイトだけではどうしても伝わらないことは多いです、それは言葉というものに心を感じやすいのも

あると思います。

◯クラウドファンディングの映像予算

予算としては実はとてもきにする点だと思います、内容に大きくよりますが、やはり10万前後とかかると印象があります

ただクラウドファンディングする際にそういった必要な制作物の制作費を目標金額に入れることをオススメしています

もちろん達成・未達関わらずお支払いはしていただくことになりますが、本来資金を集めるという名目で考えれば、そういった必要なものは

目標金額に入れるのがいいと思います

 

◯クラウドファンディング達成はチームの力

最後になりますがクラウドファンディングを見て来て感じたのは、どんなに素敵なコンセプトを掲げても

人の心を動かさなければ達成はできない、そしてなによりその人の心を動かすにはチームの力が一番大事だと思います

どんなに映像や写真にお金をかけても中身とチームがなければ達成はできないと思います

チームを大切にして一緒になってゴールを目指す

達成した時本当に達成したこと以上に仲間が輝いて見えます(これは私が中にいて感じたことです)

 

クラウドファンディングで素材にお困りの方お気軽にご連絡を

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

ご希望プラン

メッセージ本文

 日付の間違い等がないか確認を行いチェックをお願いいたします