長野県結婚式前撮りエンドロール「出会った教室で」


●結婚式エンドロール前撮りとは

結婚式の撮って出しエンドロールにて最近お客様とお打ち合わせするなかで私服で事前に前撮りを行うことができて来ました

当日の映像はお二人にとって大切な瞬間を残すため、その瞬間瞬間に意識をし感情を残せる映像をテーマにしています

その中でお二人にとって伝えたいことなどがある場合、どうしても当日だけでは足りないのも事実です

そこで私服で思い出の場所や行きたい場所などで撮影を行い伝えたいことやお二人のテーマにそった映像を撮影し

当日の映像と合わせることでより2人らしく想いを伝える映像になると思います

現在前撮りのモデル(特価対応)の募集中です、気になる方はこちらへ

 

●出会った小学校で撮影

今回のお客様はお2人共小学校の先生で、奥様が働いている小学校に旦那様が赴任して来てそこで出会ったとのこと

今でも奥様はこの小学校で先生をされてるということで学校の許可のもと教室で撮影を行いました

当時の印象・お互いの印象

そしてご両親や友人が自分たちにとってどんな存在か?

そんなことをテーマに撮影をしました

 

C0013

 ●エンドロールで大切な思いと今

結婚式の撮影を行なっているうちに大切にしたことが出て来ます、やはりお二人にとって伝えたいテーマがある時はその想いを大切にしたい

そしてその想いを目一杯伝えたい

そのために前撮りというのはとても有効です、今回のお二人は黒板に皆様へのメッセージを書いたりもしてくれました

結婚式の最後に流れる映像だからこそお二人の想いが伝わるといいなと思っています

Same day edit

そして何より当日というのは大切な大切な1日です

いままでのストーリーがあったからこそ迎えられた今日その瞬間

この瞬間を大切に映像に残したいと、前撮りでも当日でもなるべく機材は用意して、その感情に一番あうカメラワークを利用できる

それがEmotion Filmsの目指すエンドロールです

前撮りがどんなに素敵でも当日の瞬間を普通の撮影にはしたくない、その瞬間に構図などを予定と変えることも多々あります

その中でも当日の声は大切なテーマの1つです、素敵な言葉が取れた場合急遽使うことにすることも多いです

当日の臨機応変な対応も大切なスキルです

 

・結婚式のエンドロールをする必要性

結婚式のエンドロールはされる方も多いですがされない方も多くいます、結婚式当日の様子を上映するエンドロールは

編集の都合上どうしても披露宴最後まで残すことができません、それでもエンドロールをするというのは人それぞれ思いがあります

基本的にはある程度スタンダードな演出となったためやりたいというのが多いと思います

その中でいかにお二人らしく、また来ていただいたゲストの方が感動してくれたり楽しんでもらえたり

2人の思いが伝わるエンドロールが作れたら

Emotion Filmsはそう思っています

結婚式撮影のお問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

ご希望プラン

メッセージ本文

 日付の間違い等がないか確認を行いチェックをお願いいたします