予算を抑えながら映像と写真を〜ヒカリヤヒガシウエディング長野県松本市〜

EF100239-1

人数を抑えた結婚式になりつつある昨今

挙式。披露宴の残し方についてもお客様と色々考えます

その中でEmotion Filmsとして関わった事例をご紹介いたします

Wedding planning By  TOMORROW WEDDING 

○結婚式の写真と映像の記録の両立

基本的にEmotion Filmsとしては当日の映像。もしくは写真撮影どちらか一方のご依頼を受けるようにしております

担当するものが私1人(プラス状況でアシスタント1人)ということもあり受けられる限界としてもあります

しかし今年に挙式を挙げた方で最後の最後に写真撮影から映像撮影依頼に切り替えられたお客様がいらっしゃいました

どうしてもきていただきたかった方がコロナの影響などもあり参列できないとのことで、写真より、映像を重視したいというお話になりました

その中で下記のようなご提案を行いました

○当日の特定の部分は写真撮影を行い他は映像として残す

この時のお二人は下記の点を写真撮影にすることにいたしました

・メイク終わりの外観撮影時間

EF109929-15

こういった撮影はお写真の方が映えますねということで写真をいっぱい撮りました

 

・親族集合写真

やはり集合写真は必要です

 

・披露宴中の様子はEmotion さんに任せます!

映像を撮りながら別のカメラでゲストの方のリアクションなどを写真撮影して記録

映像写真を臨機応変に対応、特に高砂での撮影は写真撮ってください〜とその場で頼まれました

EF100239-1

写真でしか伝わらない瞬間の感動というのもあると思います、そういった瞬間は写真でなるべく残します

 

・アフターショット

結婚式が終わった後ドレス姿でお写真撮影、最初のメイク終わりの撮影のように、こういうものは写真が1番

EF100317-44

○当日撮影した結婚式のダイジェスト映像

Emotion Filmsがなくが取り扱っているダイジェスト映像、当日の音声を余すことなく使用しながら、撮影した数百カットの映像をつなぎ合わせて

作るショートムービー、コロナ下の現在人気な映像プランです

○写真で残せなかった瞬間は映像からの切り出し

高精細な映像として撮影するため写真で撮影できなかった瞬間も、映像から切り出ししてお写真としてお渡しすることも可能です

葉書サイズくらいの印刷には問題ありませんが普通のお写真に比べると少し粗くはなります

こちらは映像から切り出した写真になります。人によっては全く問題ないレベルではあります C069522

C0569

 

○写真と映像を1カメラマンで併用するデメリット

さてここまで書いた中で写真と映像の併用の作例はご覧になってイメージはついたかなと思います

カメラマン1人で現場に行くため予算は抑えられると思います

しかし下記のようなデメリットもございます

・映像からの切り出し写真は少しぶれやすい

これは細かく書くと長くなりますので結論だけ、映像撮影は1コマ1コマがわずかにぶれたような絵になるように設定して撮影されます

ですので映像からの切り出しのお写真はわずかぶれたような写真になる可能性が高いです

・カメラマン1人のため映像も写真も同じ雰囲気になりやすい、また写真は枚数が少なくなりがち

これはどうしても起こる問題ですが写真と映像を別のカメラマンに分けて依頼されれば、そのカメラマンさんの切り取り方となり

映像も写真も雰囲気が変わりよりお二人らしさの深掘りができ、より表現の幅の広いものがお手元に残ります

また両立しないためそれぞれの撮影に集中でき写真の枚数や映像のカット数はより多く深みが増します

ですので基本的に私は1カメラマンとしてこのプランのこのデメリットは大きく感じます

ただしこのお二人のように長いお打ち合わせを経て信頼を受けての依頼であれば全力でお答えするのも事実です

 

 

○より良い結婚式の映像写真を残すため

基本的に1フォトグラファー・1ビデオグラファーとしてこのプランは手放しでお勧めはいたしませんが

お二人にとってより良い写真や映像を残すため色々お話を伺いながら決めていきます

その中で今回このような形が出たため記事としてご紹介いたしました

結婚式当日、残るものは映像や写真です

その日の感動がよりよく残るよう、お気軽にご相談していただければ、お話をお伺いすることも可能です

 

お問い合わせは下記からお願いいたします

長野県で結婚式の映像ご相談はぜひEmotion Filmsへ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

ご希望プラン

メッセージ本文

 日付の間違い等がないか確認を行いチェックをお願いいたします